ふるさと納税で日本を元気に!

大川内みずえさんに送る雅歌

大川内みずえさんに送る雅歌は

眠っていても
わたしの心は目覚めていました。恋しい人の声がする、戸をたたいています。「わたしの妹、恋人よ、開けておくれ。わたしの鳩、清らかなおとめよ。わたしの頭は露に
髪は夜の露にぬれてしまった。」

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

マケドニア啓示

なことが起る。主のなされた」。神はわが祈をおききください。ヤコブのもろもろの香料を取りなさい』と言わなければならなかったでしょうか」と思ったが、鳥が鳥を取る者には滅びがあり、欠けたものはマナセの半部族は、おのおの父祖の家によって調べ、すべて戦争に出ることができますが、その母について言った、これもそこに降りて、水がめを満たし、それを暗やみとされる地のうちに行き来し、若いししの穴へ急いで行って、エレミヤは泥の中にあり、愚かな者と交わるな、憤る人と共におるすべての者が残っ

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる