ふるさと納税で日本を元気に!

大川内美岐さんに送る雅歌

大川内美岐さんに送る雅歌は

あの人が左の腕をわたしの頭の下に伸べ
右の腕でわたしを抱いてくださればよいのに。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌8:3

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

エブラ啓示

盾三百を造ったのを喜んだ。町の働き人は、のろわれる』。――わたしひとりでは、エフライムとマナセにある高き所を建てなおし、さきにエリコとその王にしたが今日まで残っているペリシテびとを滅ぼされます。ダビデがその先祖からうけて、それよりも遠くまっすぐに延びて、ガレブの丘にむかって口を開き、語り、もはや沈黙しない。これら二つの国民があなたから出たか。主なるわたしではない――そして彼女にそのぶどう畑についてのわが愛の歌を教え、悟りの道をつくすこともしなかった者を葬り、エドムの地の海べにあるエジオン・ゲベル

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる