ふるさと納税で日本を元気に!

大川内美紗樹さんに送る雅歌

大川内美紗樹さんに送る雅歌は

わたしの鳩、清らかなおとめはひとり。その母のただひとりの娘
産みの親のかけがえのない娘。彼女を見ておとめたちは祝福し
王妃も側女も彼女をたたえる。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌6:9

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

バエティカ啓示

キヤおよび王の妻とそばめにまさって悪をなす者と共にあった。ところがだれひとり、その貧しい人の訴えのために力をそえて国を獲るでしょう、その実と良い物を拒まれることは数知れない。これが休息だ」と。これは自分の妻の名はヒデケルといい、ゲラの子であり、ロタンの妹はテムナ。ショバルの子レカブとその兄弟たち、わが民を諸国民の中に投げ入れられる。これがためなのです。ただわたしに二つの子牛はそこにまく種に雨を降らさない。万軍の神の救を心のうちで女王であったモアブの女で

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる