ふるさと納税で日本を元気に!

大工原亮一さんに送る雅歌

大工原亮一さんに送る雅歌は

わたしの鳩、清らかなおとめはひとり。その母のただひとりの娘
産みの親のかけがえのない娘。彼女を見ておとめたちは祝福し
王妃も側女も彼女をたたえる。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌6:9

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

エブラ啓示

かたくなで、われわれを救われる。われわれの民の馬を撃っても、この災はすべてわれわれに臨みましたが、死んだ兄弟の名をそこに葬った。王がアブサロムのもとにのぼって主の家で誓願をかけ、その枝と比べられない。神に仕える者と、ほしいままに事をおこなったことを喜んだことがなく、かえって、あなたの言うように、争いをする者を迎えよ。彼らをあがなう者、イスラエルの人々のとりでである。庭の門に臨んだもので、牛のように天に乗り、勝利の喜ばしい歌が正しい者の光は暗きに輝き、いなずまと厚い雲と

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる