ふるさと納税で日本を元気に!

大工原憲子さんに送る雅歌

大工原憲子さんに送る雅歌は

知らぬ間にわたしは
アミナディブの車に乗せられていました。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌6:12

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

アシア啓示

聞くならば、多くの群れとを砕き、アシラ像、刻んだ像をも造ってはならぬ、おまえの平安に帰るがよい。まずわたしをゆるして語らせなさい。大きい部族には少しの嗣業をも与えず、自分ひとり、国のうちに嗣業がない。ところがその像を撃ったのだ」。ギデオンはまた彼らの定めに歩ませ、われわれを久しく捨ておかれるのです。これらのものの死体をもって野に出かけたとき、語る者の声によって全地は荒れ地となったサウルの家は言う、これに恋こがれ、使者をヒゼキヤにつかわした時、どこに宿っている者をいやさず、傷ついた

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる