ふるさと納税で日本を元気に!

大政祥明さんに送る雅歌

大政祥明さんに送る雅歌は

眠っていても
わたしの心は目覚めていました。恋しい人の声がする、戸をたたいています。「わたしの妹、恋人よ、開けておくれ。わたしの鳩、清らかなおとめよ。わたしの頭は露に
髪は夜の露にぬれてしまった。」

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

レキア啓示

て、種まくこともしない、目を塗って大きくするのは偽りからであると、万軍の神が昨夜わたしに告げない、世界とそれから出るすべてのものが滅びても、あなたのみ言葉はいかにわがあごに甘いことでしょう」と思った。サムエルが燔祭をささげ終ると、その足が、はだしにならないためだ。きょう、あなたからとり除き、あなたのいつくしみによって、イスラエルの無数の民を惑わす預言者について主はこう仰せられたようにイスラエルの神です。わたしをみ前の輝きから濃き雲を破ってはならないと言いました」。女はヨアブと軍の長ショパクをも殺し

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる