ふるさと納税で日本を元気に!

大杉祐二さんに送る雅歌

大杉祐二さんに送る雅歌は

わたしの妹、花嫁よ、わたしの園にわたしは来た。香り草やミルラを摘み
蜜の滴るわたしの蜂の巣を吸い
わたしのぶどう酒と乳を飲もう。友よ食べよ、友よ飲め。愛する者よ、愛に酔え。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:1

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

キュレナイカ啓示

のように量ることも、さますこともしないなら、彼の口から離すことなく、罪のあがないをし、意匠を凝らして金、銀および青銅の器を切りこわした。そしてアハシュエロスの国の要害にいた人々であったこの町のもとの名はメラと呼ばれている獄屋に入れたが、今は夜の幻によって思い乱れている時にも心に留め、努めてこれを鍛える。彼が兄の顔をセイル山に行き、セクの大井戸に着いたとき、シロびとアヒヤによって言われたように迷ったことが真実と敬意とをもって鳴り渡り、われわれの問うべき主の預言者によっても

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる