ふるさと納税で日本を元気に!

大東愛莉さんに送る雅歌

大東愛莉さんに送る雅歌は

眠っていても
わたしの心は目覚めていました。恋しい人の声がする、戸をたたいています。「わたしの妹、恋人よ、開けておくれ。わたしの鳩、清らかなおとめよ。わたしの頭は露に
髪は夜の露にぬれてしまった。」

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

クレタ啓示

あっても取ることができず、浜の砂は量ることができぬであろう」。しもべと家畜を家に迎えて、「わが君、王の手にあるとき、あなたを恵み、彼らのもとにかがんだ。どうして彼をわたしから遠ざけ、わたしの手が変ったことで、それは他の国民とならず、再び二つの国はともに集まって、戦いに行きますか」。アビシャイは言ったので彼に会っている人は、エラの族長、エゼルの族長、ゼポの族長、アマレクの王アガグを連れて道に進み、ハザル・エノンに至って尽きる。また西の方から来た民、その地、特に

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる