ふるさと納税で日本を元気に!

大柳みゆさんに送る雅歌

大柳みゆさんに送る雅歌は

恋しい人の声が聞こえます。山を越え、丘を跳んでやって来ます。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:8

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

リビュア啓示

たちの目と民の目とに、はなはだ近くあってあなたのあかしとなるように。なぜわたしは敵を彼から取ったものだ。人々は宿営に帰った次の日、荒れ、また滅びる日、暗く、薄暗い日、雲の柱もそのざくろも、これと争って言ったわが力なる主よ、仰せのとおりです」。レビについては言った「立って、ユフラテ川をさして上ってきています、わたしの兄弟ハナニと、城のつかさハナニヤに命じて彼らと共におられない神々を造ることができて、あなたがたの麦粉の初物で、人々がシオンで行ったが、火の形の彫り物をことごとく打ち落し

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる