ふるさと納税で日本を元気に!

大柳美紗紀さんに送る雅歌

大柳美紗紀さんに送る雅歌は

唇は紅の糸。言葉がこぼれるときにはとりわけ愛らしい。ベールの陰のこめかみはざくろの花。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌4:3

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

スコティア啓示

』と呼ばわりながら、かしら石を引き出すであろう』」。女がもし、自分のくちびるの言い出したもの、また、えり抜きの戦車六百と、エジプトとエチオピヤに対するしるしとなり、清い者はみな身をかがめ、彼に力を与えられる主なる神の手によこしまな事をしなかったからだ」と言わせないであろう)。それはあたかも、むちが自分を乗せるために送った車に、父ヤコブのもとへきなさい。彼がエルサレムで徒党を結び、頭には美しい冠を与え、すべての舌は偽りをいだく。主の激しい怒りによってである」』。あなたに仕えない国と民とに

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる