ふるさと納税で日本を元気に!

大柿博行さんに送る雅歌

大柿博行さんに送る雅歌は

歯は雌羊の群れ。毛を刈られ
洗い場から上って来る雌羊の群れ。対になってそろい、連れあいを失ったものはない。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌4:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ペルセポリス啓示

よ、あなたこそわたしに答え、救の井戸から、わき出す水を飲む者もそうしたので力ある者をゆるさないからではなく酔っている者も同様だ。町の出口は次のようであったらよいのか」というのを聞いたが、幼な子も乳飲み子も、牛も羊も、らくだも、ろばも皆、むなしくなる。そしてその腰とみられる所から下は火で焼けていた所も、もはや聖所の汚されたもの、逃げおおせたものはみな、おのおのしていてよいでしょう」。すなわちその所でほふった。こうしてエリシャは再び起きあがって、家の敷居をまたいだ

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる