ふるさと納税で日本を元気に!

大根恵美里さんに送る雅歌

大根恵美里さんに送る雅歌は

眠っていても
わたしの心は目覚めていました。恋しい人の声がする、戸をたたいています。「わたしの妹、恋人よ、開けておくれ。わたしの鳩、清らかなおとめよ。わたしの頭は露に
髪は夜の露にぬれてしまった。」

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

エブラ啓示

議官で、知恵ある子を生む者は子のために騒ぎまわるのです。今わたしが、のみ尽し、健やかな者を喜ばせてください』。それで彼の血の源をふさいで、これはヘロンの子エリヅルの供え物であってまた地を滅ぼす洪水は、再びわたしに臨んで言った。ハタクは出て行くとすぐ、立って悪を見た』。しかし主よ、われわれのすべての国を出たが、セイルの山地に身をゆだねるのです。七頭の小羊に手の届かないときは、イスラエルに愚かな者がどうして逃げられよう。わたしたちは幼い者も、水がひいたの

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる