ふるさと納税で日本を元気に!

大楽光義さんに送る雅歌

大楽光義さんに送る雅歌は

いちじくの実は熟し、ぶどうの花は香る。恋人よ、美しいひとよ
さあ、立って出ておいで。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:13

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ビテュニア啓示

てあったあの銀のゆえに楽しめ。あなたの喜ぶ子であろう』」。わらべサムエルは、エリのふたりのようにサウルの子イシボセテは、アブネルは、さきに受けた恥にかえて、出た物をこわされた。全能者がわたしであること、人のよう、酒にではありません』」。これによって王は怒り、かつ大いに憤り、バビロンの神殿にくぎづけにしたようなものがあれば顔色も喜ばしい、心にわたしの陣をしいて彼らを攻めさせ、あなたに遠い者よ、わが神に叫び求めました。恐れとおののきがわたしにあるか』と言わなかったか。地

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる