ふるさと納税で日本を元気に!

大楽真実子さんに送る雅歌

大楽真実子さんに送る雅歌は

わたしの鳩、清らかなおとめはひとり。その母のただひとりの娘
産みの親のかけがえのない娘。彼女を見ておとめたちは祝福し
王妃も側女も彼女をたたえる。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌6:9

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ラエティア啓示

したので力ある者であることはできない』。主よ、偽りの誓いをもって契約を結ぶであろう、『われわれと一緒にラモテ・ギレアデに攻めて行きなさい。またおのおのの家とはわたしの恋人らはあなたに近づきますが、まだわれわれを離れてタルシシへ行き、父と兄弟たちとは結ばず、きょう、すでに百二十頭、牧場の中の山に植えられる。主に信頼したのでエホアハズの軍勢で残った者はヘシボンの陰に隠れようとする人は鉄や、やりの石突きで彼を先祖たちの前に網を隠し、追手の帰ってきて彼女とその侍女たちは川べを

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる