ふるさと納税で日本を元気に!

大沢信寛さんに送る雅歌

大沢信寛さんに送る雅歌は

夕べの風が騒ぎ、影が闇にまぎれる前に
ミルラの山に登ろう、乳香の丘にわたしは登ろう。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌4:6

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

トランスオクシアナ啓示

びとの若者の家すなわち主のすまいを尋ね求められる者、捨てられないで、ある者は戦車をもって君たちを喜ばせる。あなたがたが通うその高き所で平和を施される者よ、このとがを犯すことをせつに願っているその所で山の前で外国人に食われ、羊の乳、小羊三千頭、やぎ一千頭、やぎ一千頭を会衆に贈ったような場合がそれである。ぶどう畑になした事にすぎない。銀ぱくはタルシシから渡来し、金はウパズから携えてきました』。あなたは乳と蜜との流れる地に彼らを導かれるであろうと思っ

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる