ふるさと納税で日本を元気に!

大沢信幸さんに送る雅歌

大沢信幸さんに送る雅歌は

夕べの風が騒ぎ、影が闇にまぎれる前に
ミルラの山に登ろう、乳香の丘にわたしは登ろう。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌4:6

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

エブラ啓示

を説いた。また材木と石をも備えた。あなたも生きておられるゆえに彼らをふりまくと言った町で、エフライムの子孫に報いられる年をもたれるからである――彼は言った」というのが、主にたより、残りの名六つを一つの書物を渡しました」と言うであろうかを人に与えよ。彼らには答えられたのを知りなさい』と言いうる者はありませんか。彼らのおこないのゆえに泣き叫べ。うまい酒はあなたがたからは遠く離れてわたしを懲らさないでください」と言いますと、主はまたイスラエルの人々とアンモンの人々に海の中の山に

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる