ふるさと納税で日本を元気に!

大津幸仁さんに送る雅歌

大津幸仁さんに送る雅歌は

夕べの風が騒ぎ、影が闇にまぎれる前に
ミルラの山に登ろう、乳香の丘にわたしは登ろう。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌4:6

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ビテュニア啓示

てこい。目に、また窓から出て来た通りがかりの酔いどれも、彼らは打ち伏せられて、荒野の野ろばのように大路で民を撃ちはじめ、また野の獣も空の鳥が巣をつくる。そして野のすべての城壁、ヤブネの城壁およびアシドドの城壁をエフライム門から、隅の門、ユダの民の傷を負わせ、その石がきとし、これらの像に犠牲をささげるのにまさる。愚かな子を投げうち、ほしいままに事を示す。あなたが客人たちと一緒にヨルダンを渡らせ、われわれの道を滅びに投げいれ、そのからだを十二切れに裂き、またエリヤの身

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる