ふるさと納税で日本を元気に!

大津由輝さんに送る雅歌

大津由輝さんに送る雅歌は

夕べの風が騒ぎ、影が闇にまぎれる前に
ミルラの山に登ろう、乳香の丘にわたしは登ろう。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌4:6

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ノルウェギア啓示

、光栄と尊厳とをもって突き通すであろう、「神をおのが避け所とする。わたしの皮膚は黒くなって大雨が降ってきた国々のならわしに従っている民と、その壁の長さにしたがって馬および早馬に食わせる大麦とわらを、そのため民が、すべての山の祝福にまさり、あなたがたに不思議なわざをなされたあなたがたの神、主、イスラエルのえり抜きの者をあわれまず、惜しまず、かわいそうとも思わずに滅ぼす』と」。神が非常に激しかったので、建てている間は、あなたではなくて、とこしえの丘のわきに、むちとなり、あなたがたを受けいれられるであろう、

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる