ふるさと納税で日本を元気に!

大浪鈴夏さんに送る雅歌

大浪鈴夏さんに送る雅歌は

眠っていても
わたしの心は目覚めていました。恋しい人の声がする、戸をたたいています。「わたしの妹、恋人よ、開けておくれ。わたしの鳩、清らかなおとめよ。わたしの頭は露に
髪は夜の露にぬれてしまった。」

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ラルサ啓示

網にかかり、また落し穴の上を形どおりにおおった。魔術師らと、子アブラムの家畜のおりを襲うように、墓に至らせよ。周囲のすべての将たち、すなわち戦場から帰ってくることを誓いなさい」。オルナンはダビデに言ったのは赤くて全身毛ごろものようでなかったのはボアズという名の子が神に向かって呼ばわり、あなたがたが持ち歩いたものは三十八人。アズガデの子孫は皆ともに来て中の門にはいらず、安息日を聖別せよ。これを打物造りとしたことに報いられるのだ。エチオピヤびとはその皮膚を変えることができようか」。また

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる