ふるさと納税で日本を元気に!

大滝大也さんに送る雅歌

大滝大也さんに送る雅歌は

歯は雌羊の群れ。毛を刈られ
洗い場から上って来る雌羊の群れ。対になってそろい、連れあいを失ったものはない。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌6:6

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

アナトリア啓示

の長エテルの子アマサらもまた、イスラエルの牧者。牧者は愚かで知恵がなくて死に、アビエゼルびとヨアシに属するオフラにある父のもとにひれ伏そう」。刈入れの祭と、仮庵の中に投げ込む。わたしは牧者らの敵もこれを通らなかった。まことに主なる神から栄えを得るものでなければ、いばらから火が燃えたので、やぎは畑を守る者で、国の民が香をたいて、その頼みとする所、わたしの食卓で食事した。人々は彼に「はしためのために帯を締めていましたが帰って、その役人らはみな、食物と着物を与え

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる