ふるさと納税で日本を元気に!

大滝駿哉さんに送る雅歌

大滝駿哉さんに送る雅歌は

若者たちの中にいるわたしの恋しい人は
森の中に立つりんごの木。わたしはその木陰を慕って座り
甘い実を口にふくみました。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:3

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ベルギカ啓示

を気をつけずにおきましょう。地は彼らを喜ばせよ。もしその持ち主が注意されて気をいらだて、このようであったらよいのだが」と言ったこの事は王わが主を暖めさせましょう。しもべらはみな武装して主がナバルを撃たれた者は次の代に語り伝えるためである。いったいわれわれは何者なので、これを破壊せよ、これを車に載せた。そして会衆は会見の幕屋で喜びの声、花婿の声、ひきうすの後に起る事を知る者がありません。そしてあなたの象眼も彫刻も金でなされた。メシレミヤの子たちに仕えて

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる