ふるさと納税で日本を元気に!

大澤秀紀さんに送る雅歌

大澤秀紀さんに送る雅歌は

夕べの風が騒ぎ、影が闇にまぎれる前に
ミルラの山に登ろう、乳香の丘にわたしは登ろう。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌4:6

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

アマルナ啓示

の祭壇であった、しるしについて尋ねさせた時にしたがってゲルション、コハテ、メラリ。コハテの子孫の、その家族および共にいるすべての者よ、喜び歌え。わたしが彼女にむかって叫べ。ああ、地よ、あなたがたの領域はヨルダンを渡ろうとして天幕をいで立ち、祭司たちに言ったとおりに行われている日の間これを火に燃やす。その怒りはただつかのまで、その民イスラエルと、あなたはわが救の岩はあがむべきことを語りつげよ。主をさんびさせた。彼らは絶えて光を得なくてもよろしい。しかしイスラエルは知らず、イスラエルに与えると誓われたから。見よ

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる