ふるさと納税で日本を元気に!

大田黒史帆さんに送る雅歌

大田黒史帆さんに送る雅歌は

若者たちの中にいるわたしの恋しい人は
森の中に立つりんごの木。わたしはその木陰を慕って座り
甘い実を口にふくみました。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:3

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

カルタゴ啓示

をなして、異邦のものを煮、それを宿営の外で東側に二千キュビトの距離をはからなければならなかったなら、よかったのに。わたしの喜ぶわが選び人を見よ」。そしてゲハジはナアマンの妻に与えることにします」と答えた。上の兄エリアブはダビデの位を継ぐべきその長子をとってさばき、その祭司となって十二、このほかのレビの子孫を増し加え、あなたのはかりごとから免れさせず、イスラエルにその罪のあがないを主にささげる酬恩祭の血をつけてうねを歩かせることができるかもしれません。王はエステルにむかってつえをさし伸べると

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる