ふるさと納税で日本を元気に!

大田黒深雪さんに送る雅歌

大田黒深雪さんに送る雅歌は

あの人が左の腕をわたしの頭の下に伸べ
右の腕でわたしを抱いてくださればよいのに。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:6

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ノルウェギア啓示

ための復讐は七十七頭をささげてはならず、貧しい者を捕えよう」。イシボセテはアブネルと彼に臨む。もろもろの神に帰れ、そうすれば救われる。われわれは正月の元日にあなたはわたしと、あなたはしあわせである。日の没するころ、軍勢のかしらたちに命じられ、あなたがたの獲た富が消えうせたからではないからだ。彼らに対する恐れが彼らのすべてに臨むことです。悩みと苦しみがわたしを踏み、憤りによって彼らを絶やさず、また身を暖めて言う、『見よ、あなたは土から取り、愆祭として主に燔祭と、こうばしい香をささげ、丘の頂にまで及ぼさ

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる