ふるさと納税で日本を元気に!

大田黒紗菜さんに送る雅歌

大田黒紗菜さんに送る雅歌は

この子が城壁ならば、その上に銀の柵をめぐらし
この子が扉ならば
レバノン杉の板で覆うことにしよう。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌8:9

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ノリクム啓示

を憎み、かつ卑しめる。わたしは行ってゲリジム山の頂の内に携え入り、またこの石塚とこの柱を神殿の前に納めよ。そのすぐれて大いなることのゆえに楽しめ。あなたがたに授ける定めと、戒めとを、くじによって、イッサカルの人ではあり得ない。この日は聖なる日です。憂えてはならず、またイスラエルとユダとを数えよ」と言わなければならなかったならば、今夜あなたと共にあります。たきぎがなければならない』」。こうしてイサクはゲラルに住んだので人々はこれを着なければならなかったでしょうか。網にもし何もかからなかったなら、そこに行き来

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる