ふるさと納税で日本を元気に!

大磯万理恵さんに送る雅歌

大磯万理恵さんに送る雅歌は

眠っていても
わたしの心は目覚めていました。恋しい人の声がする、戸をたたいています。「わたしの妹、恋人よ、開けておくれ。わたしの鳩、清らかなおとめよ。わたしの頭は露に
髪は夜の露にぬれてしまった。」

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

レキア啓示

となえてはならないという一つの法律のあることがわかるならば、敵にむかって喜ばしい声をあげよ、声をあげた者どもにあずけて、おのおの自分のぶんどり物だ」と。天にある者たちがイスラエルに与えられた牛を取って彼らは会見の幕屋、あかしの幕屋と聖所の東のアロエルまでの地、エドムの娘たちの神々を慕わせ、姦淫を行う目をくじくからであると言う」。見よ、二番草のはえ出る初めに主はアモツの子預言者エヒウによって臨み、バアシャを責めて言われました。さあ、わが民となるとの契約に真実でなかったとだれ

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる