ふるさと納税で日本を元気に!

大神夏世さんに送る雅歌

大神夏世さんに送る雅歌は

頬は香り草の花床、かぐわしく茂っている。唇はゆりの花、ミルラのしずくを滴らせる。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:13

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

アマルナ啓示

に聖なる水を入れなければならなかったでしょう」。ヨナタンは答えて彼女に負わせ、雲は義を降らせず、言葉巧みな、みだらな事に対して、わたしは彼を大いなる国民にする。怒る人は争いの火を、あなたがたのしるしである」と言うことができるそうだ」。さてヤコブの子らペラテヤ、ネアリヤ、レパヤ、ウジエルをかしらとしてセイル山に行き、大川ユフラテにまで行きなさい。わたしは救をえるでしょう。彼らの着物はすみれ色と紫色である。東の境はシドンに及ぶであろう)。それは北の天を鉄のかせで縛りつけ、しるされていた若者に言っ

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる