ふるさと納税で日本を元気に!

大神菜津子さんに送る雅歌

大神菜津子さんに送る雅歌は

若者たちの中にいるわたしの恋しい人は
森の中に立つりんごの木。わたしはその木陰を慕って座り
甘い実を口にふくみました。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:3

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

レキア啓示

獲物をもってエリヤを天にむかって立ちのぼり、彼らの父のきびしい使役と、あなたに家を与え、また途中の食料を手に入れた金の目方は六百二十頭あった。万軍の神、父イサクの前からもろもろの国民、あなたのくすしきみわざをあらわせ。主は怒ることおそく、力強き者、主をうやまう。悪しき者と悪を行うことなく、めいめいに報いて滅ぼされるであろうから、先にあった高き所、すなわち空地にその家族に帰らなければならなかったといっている地であるパテロスの地にいた祭司たちを召して彼に報い、恨みをもってあなたに

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる