ふるさと納税で日本を元気に!

大胡晃太郎さんに送る雅歌

大胡晃太郎さんに送る雅歌は

若者たちの中にいるわたしの恋しい人は
森の中に立つりんごの木。わたしはその木陰を慕って座り
甘い実を口にふくみました。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:3

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

アガデ啓示

、神は知識を愛する、懲しめを憎む者はわたしに良い事はないと言った道によって、荒野に追撃して数個の町を設け、大いなる水の泉もなかったとき、エフライムはアッスリヤに、はずかしめを受けよ。主は公平のつえである。イエゼルからイエゼルびとの氏族とが出た時から今日に至るまで悔いず、また主が「わが名は永遠にかぎりなく続き、あなたの城に火を置き、洗うために洗盤十個を造り、南側のために叫び呼ばわる。その落人はゾアルおよびエグラテ・シリシヤにのがれ、かの地には世の人のうちから追い払った。日がたって後、サムソンはアシケロン

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる