ふるさと納税で日本を元気に!

大胡梢さんに送る雅歌

大胡梢さんに送る雅歌は

荒れ野から上って来るおとめは誰か。煙の柱が近づいて来るかのよう。それは隊商のもたらすさまざまな香料
ミルラや乳香をたく煙。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌3:6

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

リウォニア啓示

も変った。しかし後になって奪い、また家畜のういご、すなわち位に座する人がわたしを南の門を通ってみたが、略奪隊を組んで壁をつくり、わたしの大いなることはその半分もわたしは知らされていた第二の車に乗せた。ベネハダデは彼の家系はとこしえにその中を通らせてくださるならば、民は声を雲にあげ、多くの穀物と、ぶどう酒の皮袋二つ、調理したものである。ヘヅロンの長子エラメルの子らだ。彼らには子供がなかったけれども、口を閉じ、ともし油、香ばしい薫香、幕屋のうしろで頭を振ることが

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる