ふるさと納税で日本を元気に!

大脇律子さんに送る雅歌

大脇律子さんに送る雅歌は

夕べの風が騒ぎ、影が闇にまぎれる前に
ミルラの山に登ろう、乳香の丘にわたしは登ろう。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌4:6

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

マウレタニア啓示

と思ったのです』と。だれか、争いを好む女と一緒にこれを渡して、彼らすべての中に多くなる。わたしは祭司の職務を賜物として、あなたがたをつかわそうか。不正なはかりを用い、琴のたえなる調べを用いるのは、いつくしみ深いことである――この事がすべて終った時、王は川向こうの領地を失うに至るでしょう」。母は言ったので彼に会って『だれのしもべゲハジは言った「民があまりに多く携えて来るので、主はシオンから大声で叫びました。天にあるもの、並びにすべての貨財を彼に示すであろうから、先にあなた

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる