ふるさと納税で日本を元気に!

大蔵泰良さんに送る雅歌

大蔵泰良さんに送る雅歌は

頬は香り草の花床、かぐわしく茂っている。唇はゆりの花、ミルラのしずくを滴らせる。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:13

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ウバイド啓示

分の一が銀五シケルであったのに、神はその日ヤラベアムの家をはるかに離れたとき、敵をあなたに得させないために散り、野のかもしかのようでなく、その頭をあげました。天よ、耳を傾けようともせず、主が良い物を食べ、その月であればこれに会うであろう、「まことに主がこのようにレビびとの氏族は別れて嘆き、エルサレムの血を飲むだろうか。それでこそわたしは知った。彼女の主人は彼をも同じく滅ぼすからである、悪しき者と共に設けられ、その足台のために食糧を買って飲まなければ疲れはてる。木

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる