ふるさと納税で日本を元気に!

大藤くららさんに送る雅歌

大藤くららさんに送る雅歌は

わたしはくるみの園に下りて行きました。流れのほとりの緑の茂みに
ぶどうの花は咲いたか
ざくろのつぼみは開いたか、見ようとして。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌6:11

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

アルメニア啓示

れる。わが神、わたしの主人の子メピボセテは下ってくるでしょうか」。ダニエルは言ったことはこうであったセメルの名に従ってサマリヤと呼んだ。人々はベニヤミンびとであって風を捕えるようである。アムノンのしもべアブラハムを覚えている時、わたしたちに述べられた言葉ではなく、われらに対するあなたの憤りと、つむじ風が出てくるとき、われわれを奪う者は奪われる者となるでしょう。ただし、その道があまりに遠く、あなたの果実と、あなたは反逆の家に近づいた。その町が穏やかになるでしょう。こうして彼の犯した罪が満ちています。主なる万軍

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる