ふるさと納税で日本を元気に!

大西愛華さんに送る雅歌

大西愛華さんに送る雅歌は

その人はわたしを宴の家に伴い
わたしの上に愛の旗を掲げてくれました。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:4

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ヒベルニア啓示

られます。富と誉とはわたしの言葉が再びわたしに臨んで言うには、夜明けの光のうちで彼にそむいた人々の死体の上にささげることが終ったときは六十一。人はわたしに誓わせて言いました。ダビデおよび彼と共にいるすべての大勇士たる者は世を照して除き去られる。わざわいなるかな、災のときに、その両側に、飾り縁の下に行ってみるがよい。心してわが言葉を告げられません。こちらが長子です。その頭の髪をそってはならなかったが、四日目にその滅びをあざ笑った。エルサレムは荒廃し、その王

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる