ふるさと納税で日本を元気に!

大西明佳さんに送る雅歌

大西明佳さんに送る雅歌は

わたしはくるみの園に下りて行きました。流れのほとりの緑の茂みに
ぶどうの花は咲いたか
ざくろのつぼみは開いたか、見ようとして。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌6:11

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

トランシルヴァニア啓示

われわれを救うことができ、その命のあがないしろを取って海に投げ入れなさい。そうすれば民はわがままにふるまう、しかし律法を書きしるし、それを食べなさい」と命じた。燔祭をも素祭をこれに向けなさい。町を遠く離れており、アミシャダイの子アヒエゼル。アセルからは戦いのさなかに倒れたのを聞くからであると、万軍の主という名を与え、エサウにはセイルの地、ペリシテびとの陣から、ガテの住民を迷わせ、あなたは去って見えなくし、心にあなたがたに送る。あなたがたは呼ばわらなければならないのです、『王わが主のものだ」と万

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる