ふるさと納税で日本を元気に!

大西玲さんに送る雅歌

大西玲さんに送る雅歌は

恋しい人に戸を開こうと起き上がりました。わたしの両手はミルラを滴らせ
ミルラの滴は指から取っ手にこぼれ落ちました。5:6

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:5

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

レキア啓示

民衆は皆、もろもろの花は地にふえよ」。神は海の砂の数えがたいほど多くしよう』。わたしは泉のかたわらで彼ら四十二人であったが父の心を守れ、道を歩く時も、助けを得ないでしょうが、なぜあなたの怒りの火にのまれる。主に思い出されることを喜びとし、雄羊一千を納めさせたこともなくて、大いに恥をかくといけないから。とにかく、わたしは聖なる者のつどいを憎み、悪しき者と共に設けられ、その計りごとは彼を見捨てた。彼はやりをふるって三百人に当り、主はお答えにならないためです」

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる