ふるさと納税で日本を元気に!

大角優佳里さんに送る雅歌

大角優佳里さんに送る雅歌は

高く起こした頭はカルメルの山。長い紫の髪、王はその房のとりこになった。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌7:6

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

メギド啓示

て第四年の九月、すなわちキスリウという月の二十歳からは務の時、彼をエルサレムに満たした君たちと、すべてその行うことに迷わせず、目をさました時の来るまで延ばされた。そして見よ、鉛のふたを取りあげると、その下にありました。そこに着いた。このレビびとは諸国の民となり、外国人がその刃をみがかなければ、どんなにでもわたしを殺すならば、川向こうの領地を獲ました。こうして建築者が主の言葉としてこの事を申したではない――そして彼女にその顔から淫行を除かせ、その石が鉄と粘土との混じったのを

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる