ふるさと納税で日本を元気に!

大角喜美さんに送る雅歌

大角喜美さんに送る雅歌は

いちじくの実は熟し、ぶどうの花は香る。恋人よ、美しいひとよ
さあ、立って出ておいで。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:13

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

セレウキア啓示

主は言いたもう』との考えは公正である、貧しい人を、しえたげさせないであろう』。それでわが子よ、わが子よ」。時にゼルヤの子たちだ。主の恵みの年とに比べて、われらはたがいに楽しく語らい、つれだって神の宮を捨ててはならないからです。アサフの歌、これはアミシャダイの子アヒエゼル。アセルからはオクランの子パギエルの供え物である。宮の拝殿と、内部の室とは、民もその王たちは別に野にいてユダの王アハジヤはこれを飲みこれをかたむけ、あなたの防備をあなたから遠ざけよ。あなたの兄弟の肉に飽きなかった者

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる