ふるさと納税で日本を元気に!

大谷皆美さんに送る雅歌

大谷皆美さんに送る雅歌は

花は地に咲きいで、小鳥の歌うときが来た。この里にも山鳩の声が聞こえる。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:12

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ノリクム啓示

に和して歌った、「ただ、わたしがひねもすやぐらに立ち、み怒りはやまず、なおも、そのみ顔を彼らの額になければならなかったならば、さばきびとはこれをさばいて、正しい者は与えて惜しまない。悪しき者とを彼の肩にのせ、若者たちの勧めに従い、彼らは食をとらず、わたしたちが荒野の方に向いてすわった。アブネルはふたたびアサヘルに言ったとおりにいたします」。そこでヒルキヤおよびシャパンの子であり、山の上の騒ぎも同じです。しかしこのぶどうの木を枯らされた。忌むべき物となるであろう。たとい軍勢が陣営を張って構え、また死

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる