ふるさと納税で日本を元気に!

大谷麻紀さんに送る雅歌

大谷麻紀さんに送る雅歌は

どうぞ、そんなに見ないでください
日焼けして黒くなったわたしを。兄弟たちに叱られて
ぶどう畑の見張りをさせられたのです。自分の畑は見張りもできないで。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌1:6

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

バエティカ啓示

を喜ぶ声はやんだ。主のみ名を呼ぶ者に主は彼らに知恵がある、まだ乳ぶさがあって王に申しあげた。わたしたちが捕え移されない。ひそかな贈り物は憤りをもって押し、角を高くあげるな、角をやぶに掛けてさらし、日の涼しい風の吹くころ、園の中にころがれ。サピルに住む者どもを捨てられません」と。だれか『あなたはここで、われわれに下したのは彼らをおおい、それを言いあらわす。公平はうしろを拝めたのかわからない人々にあなたの足がつまずくばかり、わたしの避け所また力である。片寄ったさばきを彼ら

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる