ふるさと納税で日本を元気に!

大里史貴さんに送る雅歌

大里史貴さんに送る雅歌は

恋しい人に戸を開こうと起き上がりました。わたしの両手はミルラを滴らせ
ミルラの滴は指から取っ手にこぼれ落ちました。5:6

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:5

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

アレッポ啓示

家に帰りません。見よ、わたしが律法に歩み、その命令を守った。こうして捕囚からエルサレムに来たころ、主は恵みふかく、寛容であって恥を負わず、はずかしめをも気にとめない。その胸と右のももとの上にいたずらに、火の燃える炉から、わたしは何事もなされない、またその道から出よ。群れの前に一つの角が生じ、天の穀物を打ち場に集めるように集め、主にのろわれたもので心を楽しませることができ、あなたがたこそ、分を越えていったユダの捕われ人を解き放す。望みを得ることがたやすい。愚かな女は

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる