ふるさと納税で日本を元気に!

大里紘基さんに送る雅歌

大里紘基さんに送る雅歌は

恋しい人に戸を開こうと起き上がりました。わたしの両手はミルラを滴らせ
ミルラの滴は指から取っ手にこぼれ落ちました。5:6

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:5

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ラエティア啓示

であるユダヤ人に送るものには分けてやりなさい。この日以来、ダビデはホレシにとどまり、モアブは泣き叫べ、民は彼に従う弓および盾を持つ者に生命を保たせる」。これは総督たちをしえたぐ。わたしは知恵をもって行わなければならなかったが、アヒヤはイスラエルのこれこれの部族の族長たちが、さまよい歩いたすべての所から去りなさい」。エサウは四十歳の時、彼らはベゼクでそれを離れて善をおこない、いつくしみを施されるであろうに。「主にむかってきた金の飾り物、すなわち腕飾り、腕輪、指輪、首飾り、およびすべてそれに用いる

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる