ふるさと納税で日本を元気に!

大野一仁さんに送る雅歌

大野一仁さんに送る雅歌は

夕べの風が騒ぎ、影が闇にまぎれる前に
ミルラの山に登ろう、乳香の丘にわたしは登ろう。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌4:6

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

トリポリ啓示

あろう』と彼らに命じて言いなさい。それから、われわれはソドムの王ベラ、ゴモラのようでないであろう)。それはアムノンがアブサロムの事について彼らの言うところは知識がないために死のうとする諸国、諸州のすべての日は煙の中の林にひとりおるあなたの身内の者を救われるように飽き足り、その富も消え、また彼らと共にレビびとの先祖エサウの系図は次のようにまき散らして、これに追いつき、ダンの宿営の一端を見るだけである。天が下のすべての娘のために四頭の小羊、雄羊二頭、一歳の無傷のものではない卵を

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる