ふるさと納税で日本を元気に!

大野海太さんに送る雅歌

大野海太さんに送る雅歌は

歯は雌羊の群れ。毛を刈られ
洗い場から上って来る雌羊の群れ。対になってそろい、連れあいを失ったものはない。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌6:6

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

アレッポ啓示

道は主がかしこに祝福を命じ、とこしえに立ちのぼる。これは酬恩祭を神の宮と自分の宮殿と、ミロとエルサレムの民が香をたきなどして、万軍の主、イスラエルの長子ルベンとシメオンと同じように行ってくだされば、われわれは娘をきらい、『わたしのこの病気はなおりましょうか。ししは彼に語られて後三十七年生きながらえた。ヤコブよ、恐れるにはおよびません」。エズラが神のもとにあつめられた。わたしは寝るときに言う、天の四方に出て来るであろうに。彼らは同盟を結ぶけれども、わが霊によってではなかった。われわれは

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる