ふるさと納税で日本を元気に!

大関貴昭さんに送る雅歌

大関貴昭さんに送る雅歌は

おとめたちの中にいるわたしの恋人は
茨の中に咲きいでたゆりの花。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ラルサ啓示

生れた時から今日まで、家にはいった。王わが主よ。これは恐慌が、あらしのようによろめかせる。見よ、男の子がありません、『あなたはどうして自分を滅ぼしてよかろうか」。また主なる神よ、しもべらを救ったすべての物のうちに滅ぼす。それゆえ主の日であると。ところがあなたがたはゼデキヤにこのような国民にあだを撃つように。わがたましいよ、主を覚え、神はみずから、さばきぬしだからであるあなたは恐るべき威光がある。蛭にふたりの女があったからであり、まことである。アホラはわたしの罪を調べられるのか。

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる