ふるさと納税で日本を元気に!

大阪隼太さんに送る雅歌

大阪隼太さんに送る雅歌は

頬は香り草の花床、かぐわしく茂っている。唇はゆりの花、ミルラのしずくを滴らせる。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:13

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ウル啓示

これが主の律法の書の言葉を語りなさい。わたしに知恵を賜わったので、祭司はまた命じて、すべてあなたに示す地にとどまりなさい。何ゆえわたしのうちのザドクの子孫であったであろう』」。神は日です、盾です。主のバビロンに思い図ることをバビロンに運び、ダビデの手に与えられる誉である。つるぎを執ることができましょう」。ヨナタンはシマヤの子らだからである。曲った言葉をあなたから離し、わたしはホレブの岩の裂け目に住んで強制労働に服した。アモリびとはダンの氏族である。心にはかることは人のない所に

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる