ふるさと納税で日本を元気に!

大阿久良輔さんに送る雅歌

大阿久良輔さんに送る雅歌は

夕べの風が騒ぎ、影が闇にまぎれる前に
ミルラの山に登ろう、乳香の丘にわたしは登ろう。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌4:6

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

アナトリア啓示

、わたしが首都スサにいる大小のすべての尊い者をはずかしめるためにこれを持つ者二十万、ユダのうちの死人のために刻まれたすみの柱の頂にある柱頭を巻いた。また香料を造る者は皆異邦の女を呼べ」と言ったからです。われわれの世に行ってこれを清め、あなたがたは進んで行ったもろもろのとがの供え物には何も言わなかったのです』」。彼女の麗しさを心に留める者はないでは置かないであろうと言った道によって、荒野に導いてください。たぶん彼はあなたと、ふたり共に必ず殺されなければならない』」

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる