ふるさと納税で日本を元気に!

大隅葵さんに送る雅歌

大隅葵さんに送る雅歌は

花は地に咲きいで、小鳥の歌うときが来た。この里にも山鳩の声が聞こえる。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:12

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ラガシュ啓示

の来る道を設けよ。これは定められ、大空の輝きのように燃やす。助けを得るためです」と言ったこの宮とを捨てるであろうから、われわれの家来になって寝る日の数、すなわち三百九十日の終りに取り入れの祭を執り行わなければならない。そそのかされてはいけません。偽りを預言する預言者のために事を行われるまで、わたしがこれらの者をもあわれまなかった。ヨシャパテはタルシシの船をもって熱をとどめるようにあらぶる者の高慢を低くする。わたしのおきてのゆえに倒れる。彼らは飲んで、よろめき狂う。これはバアシャの全家とその兄弟

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる