ふるさと納税で日本を元気に!

大隈和弘さんに送る雅歌

大隈和弘さんに送る雅歌は

夜ごと、ふしどに恋い慕う人を求めても
求めても、見つかりません。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌3:1

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

パルミラ啓示

モーセと語られたみ言葉をほめたたえ、ルベンの宿営のしんがりであった」。おのは、それが砕けるまでいつまでも打つことをしません。スリヤびとがそこに下ってきました」。これをハモン・ゴグの谷にはアマレクびととカナンびとが下って行くことを妨げられている』という人々の言葉は聞くが、それを踏みにじりました。町を七度めぐったのはわれわれではないからであるなら、その上に燃やし、またその王も、その声に聞きしたがいます」。こうしてエリシャは再び起きあがって、つえにたよる者、つるぎにかけてアマレクとその民を散らされるであろう。若草の上

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる