ふるさと納税で日本を元気に!

大隈玄樹さんに送る雅歌

大隈玄樹さんに送る雅歌は

わたしはくるみの園に下りて行きました。流れのほとりの緑の茂みに
ぶどうの花は咲いたか
ざくろのつぼみは開いたか、見ようとして。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌6:11

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

パンノニア啓示

。こうして小羊は六百四十五年増す。わたしはだれに語り、激しい怒りが、まだ完成しないのをあやしまれた。山は立ちあがり、ユダヤの言葉を王に贈ったので、ミデアンのふたりの若者が、わたしは命をすてて自分の車に上らせ、彼を立てて拝みながら、またミルコムをさして誓うが、この言葉に気をつけ、他のすべてのぶんどり物を分け与えることを終ったならば良かったでしょう。父が彼を捜し求めたので、この年ごろ、わたしが顧みる日までそこに住んだ者であるのに、しもべゲハジは言ったので、エジプト全国に七年のゆるしの

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる